UQWIMAX(UQワイマックス)の解約方法|違約金、電話番号、ルーター、更新月等

UQ WIMAXの解約方法、退会手順を見ていきましょう。この記事では、まずUQ WIMAXの解約の流れを確認し、その後注意点等を解説していきます。

UQ WIMAXの解約方法

(1)UQ WIMAXの公式サイトにアクセスします。トップページの右上にある「お客様サポート」クリックします。

UQ WIMAXの解約は公式サイトの「お客様サポート」をクリック

(2)「お客さまサポート」の中から「お客さまサポートTOP(wimax)」をクリックします。

「お客さまサポートTOP(wimax)」

(3)「お客さまサポート(UQ WIMAX)」の画面に切り替わります。画面下の「電話でのお問い合わせ」をクリックします。

「お客さまサポート(UQ WIMAX)」から「電話でのお問い合わせ」を選択

(4)「ご契約中のお客様 確認・ご相談」に記載の電話番号へかけましょう。音声ガイダンスに従って解約の手続きができます。インターネット上での手続きはできません。電話での問い合わせが難しい方は、メールでの問い合わせフォームがありますので、そちらで質問することも可能です。

UQ WIMAXを解約するための電話番号

【UQお客さまセンター】

フリーコール 0120ー929ー818

携帯電話・PHS可

受付時間 9:00〜21:00(年中無休)

※一部IP電話からは接続できません

※情報は変更となる場合があります。電話をかける際には、最新の情報を確認してください。

【音声ガイダンス手順】

番号(1)UQ WIMAX を選択

番号(4)解約に関するお問い合わせ を選択

【電話の前に用意するもの】

以下のものを電話をかける前に今使っているwimax端末を手元に準備しておくとスムーズです。また本人確認のため、以下の3つの情報が必要です。

・契約者の名前

・登録の連絡先電話番号

・暗証番号または生年月日もしくは契約先の住所

UQ WIMAXの解約にお金はかかる?

UQ WIMAXを解約すると、特別な料金は請求されるのでしょうか?

解約の時に心配になるのが、この違約金や契約解除料があるのか、またある場合はいくらになるのかといった疑問ですよね。解約後に思わね金額を支払うことにならないよう、UQ WIMAXの解約にかかる契約解除料を確認していきましょう。

UQ WIMAXの解約には、契約の期間やプランによって契約解除料が発生する場合があります。自分の契約内容を確認しましょう。

契約満了月末日または契約更新月以外に解約した場合は、契約解除料料が発生します。

例①「UQ flatツープラス(2年)」「UQ flatツープラス ギガ放題(2年)」契約の場合

契約期間は課金開始月を含む月を1ヶ月目として25ヶ月間です。25ヶ月目を満了月、26ヶ月目が更新月となります。契約解除料は下記の通りです。

1〜13ヶ月目に解約した時の契約解除料 :19,000円

14〜25ヶ月目に解約した時の契約解除料:14,000円

また、27ヶ月目以降は特約適用期間が満了となり、解約解除料は9,500円となります。

例②「UQ flatツープラス(3年)」「UQ flatツープラス ギガ放題(3年)」契約の場合

契約期間は課金開始月を含む月を1ヶ月目として37ヶ月間です。37ヶ月目を満了月、38ヶ月目が更新月となります。この満了月、更新月以外のタイミングで解約した時の契約解除料は下記の通りです。

1〜13ヶ月目に解約した時の契約解除料 :19,000円

14〜25ヶ月目に解約した時の契約解除料:14,000円

26〜37ヶ月目に解約した時の契約解除料: 9,500円
また、37ヶ月目以降は特約適用期間が満了となり、解約解除料は9,500円となります。

自分の契約期間や更新月はmy UQ WIMAXで確認が可能です。なるべくお得なタイミングで解約したいという方は、解約手続き前に確認することをおすすめします。

例① UQ flat 年間パスポート(特約適用)の場合

契約してから1年未満(契約満了月末日まで)に解約した場合は、年間パスポート解約料に特約が適用され、年間パスポート解除料9,500円(税抜)が発生します。また、2年目以降に契約満了月または契約更新月以外に解約した場合は、年間パスポート解除料5,000円(税抜)が発生します。

例② UQ flat 年間パスポート(通常)の場合

契約満了月末日または契約更新月以外に解約した場合は、年間パスポート解除料5,000円(税抜)が発生します。

例③ UQ flat、UQ step の場合

利用開始月から30日以内に解約した場合は、契約解除料2,000円(税抜)が発生します。

UQ WIMAX解約の注意点

解約前の注意事項簡単にまとめました。解約を検討している方は、手続きの前にぜひ参考にしてください。UQ WIMAXの解約には、月額料金の負担がなくなるといったメリットもありますが、デメリットもあります。解約に伴う注意事項とデメリットは簡単にまとめると3つあります。1つめは、上記で解説した契約解除料が発生する場合です。

2つめは無料の公衆無線LANサービスが使えなくなること、3つめは契約中のオプションサービスが使えなくなることです。

wimax2+料金プランに加入中なら、無料で公衆無線LANサービスを利用できます。公衆無線LANサービスとは、カフェなどの飲食店や公共交通機関など全国のスポットでも利用でき、速度制限もなく好きなだけ使い放題できるサービスです。

UQ WIMAXを解約すると、公衆無線LANサービや、下記のようなオプションも自動的に解約となりますのでご注意ください。

オプションサービスの例

・U-NEXT(ユーネクスト)

映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの動画が定額見放題の動画配信サービスです。月途中での解約の場合でも日割りでの返金はありません。

・レコチョク Best

レコード会社直営のレコチョクが送る、国内最大級の音楽聴き放題サービスです。

UQ WIMAXの解約以外の方法でお悩みを解決できるかも

解約したいと思った理由や要望によっては、解約以外の方法で困ったお悩みを解決できるかもしれません。今回は、多いお悩みとして「速度制限がかかる」「料金を見直したい」「機種が古くなった・電池持ちが悪い」の3つの場合の解決のポイントをご紹介します。

お悩み①「速度制限がかかる」

速度が遅いために解約を考えている方は、どのくらい使えば速度が遅くなってしまうのか、どの時間帯に速度が遅くなるのか、等の速度制限の仕組みを知り、効率よく使うことで制限を回避できるかもしれません。速度制限がかかるデータ量と、データ量の目安をご紹介します。

【3日間で10GB以上ご利用の場合の速度制限について】

直近3日間で「wimax2+」と「au 4G lte」のデータ量の合計が10GBを越えると、翌日のネットワーク混雑時間帯混雑時間帯(18時頃〜翌2時頃)に速度制限がかかります。

制限後の最大通信速度はおおむね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)となります。

YouTubeを標準画質で47時間見たときのデータ量は約17.5MB程度ですので、3日間の間に40時間程度動画を見る方は速度制限がかかると考えて良いでしょう。反対に、3日間で10GBの制限を超えなければ、混雑時間帯でも速度が変わることはありません。

【wimax2+の公衆無線LANサービスを活用する】

C料金プランに加入中なら、無料で公衆無線LANサービスを利用できます。無線LANサービスを活用することで、速度に不満を感じずに利用ができます。アクセススポットは駅、列車、空港など多数です。

また電波状況に不満があるようならば、エリア改善要望受付フォームに投稿してみるのも良いかもしれません。エリア改善要望受付フォームは、「公式サイトトップページ」→「エリア」→「エリア改善要望受付フォーム」から入力できます。個別のコメントの返信は行っていませんが、今後のエリア展開に期待できる手段のひとつと言えるでしょう。

お悩み②「料金を見直したい」

料金が高く、もっと安い会社で契約しなおしたいとお考えの方へ、プランを見直すことでお得に利用が継続できるかもしれません。料金を安くし、よりおトクに利用する方法は、料金プランそのものを見直す方法と、オプションサービスを見直す方法があります。確認していきましょう。

【料金プランの見直し】

例えば UQ flat2+ギガ放題からUQ flat2+へプランを変更すると、月額料金が3,696円へ変更できます。データ通信量は7GB/月となりますが、あまり通信量を気にしない方にはお得なプランです。

自分の使っている通信量と比較してみても良いかもしれません。また、契約期間を3年にすると、2年契約だと1,005円/月かかるlteオプション料が無料になるキャンペーンも開催中です。公式サイトから、あなたにぴったりの料金プランと機種が見つかる「ぴったり診断」もお試しできます。

【オプションサービスの見直し】

オプションサービスには最低利用期間がないので、現在の利用状況によって柔軟に対応することができます。不要なオプションサービスを整理すれば、料金が安くなるかもしれません。今の自分に一番あった契約内容に見直してみましょう。

お悩み③「機種が古くなった・電池持ちが悪い」

契約自体を解約しなくても、新しいwifiルーターに機種変更することができます。より高速な回線に対応している機種もあるので、より快適に利用できる可能性があります。

モバイルルーター、ホームルーターともに、公式サイトで最新の機種の情報がわかります。また、省電力モードに変更すると、電池の消費を抑えられます。各機種ごとに設定方法が異なりますので、取扱説明書や公式サイトで確認できます。

UQ mobile(UQ モバイル)の解約方法

UQ mobileは、格安スマホ・格安simを提供するUQコミュニケーションズのサービスです。

UQ mobileは、月1480円から利用できる・snsや音楽が楽しめる・iphoneも使える充実の端末ラインナップ・他社からの乗り換えが簡単などなど、7つの理由から人気があります。また全国にある店舗からはもちろん、web上のオンラインショップでも申し込みが可能です。

UQ mobileもUQ WIMAXと同じく、UQお客さまセンターへ電話をかけることで解約の手続きが可能です。電話での手続きとなるため、原則書類のやりとり等はありません。fUQ mobileの解約には、各種手数料と契約解除料がかかる場合があります。

【UQ mobile解約の際の契約解除料】

■高速データ+音声プラン・無制限プラン+音声プラン(VoLTEプラン含む)の場合

課金開始月(利用開始日)から12ヶ月未満の解約には解除料9,500円が発生します。

■おしゃべりプラン・ぴったりプランの場合

課金開始月を含む月を1ヶ月目として、25ヶ月間が契約期間となります。(25ヶ月目を契約満了月、翌月を更新月といいます)更新月以外に解約をした場合は、契約解除料として9,500円が発生します。

【mnp転出について】

電話番号を変更せずに他社へ乗り換えたいときには、mnp転出(携帯電話ポータビリティ)がおすすめです。mnp転出には、課金開始月を含む月から6ヶ月目以内は6,000円、課金開始月を含む7ヶ月目以降は3,000円の手数料がかかります。

また、2018年9月14日までに申し込みをした場合は、mnp転出時期に関わらず、3,000円の手数料がかかります。

引き継げるのは電話番号だけで、今使っているeメールアドレス(@UQmobile.jp)は転入先の携帯電話会社では継続して使えません。また、データ通信のみのサービス(データ高速プラン・データ無制限プラン)ではmnp転出は利用できません。

【初期契約解除について】

契約したUQ mobile通信サービスが利用可能になった日、またはお客様が契約書面を受領した日のいずれか遅い日から起算して8日を経過するまでの間、書面により契約を解除できる制度のことです。

公式サイトに「初期契約解除申請書」のPDFがありますので、こちらを印刷して活用しましょう。

■初期契約解除制度の注意点

・当該書面は、契約を特定できる事項(受付番号・契約者住所・契約者氏名)を記載の上、UQ契約センターへ郵送等にて提出する必要があります。提出の費用は契約者の負担となります。

・購入した端末は、支払い方法(一括購入・割賦/分割払い)に関わらず、初期契約解除制度の対象外です。

・月額基本料については、契約解除手続き(またはmnp転出)完了までの期間を日割りで請求されます。

・UQ mobile下取りサービスによって下取りされた端末は、契約時に記載した住所宛に郵送で返送されます。

【simカードの返却は必要?】

UQ mobileを解約した場合は、simカードの返却は不要です。解約後は自分で破棄して大丈夫です。

UQお客さまセンターの混雑状況

コールセンターにかけたいのに、なかなか繋がらず手続きが進まないといったことも多々ありますよね。なるべくスムーズに解約手続きができるよう、混雑状況を紹介します。

UQお客さまセンターが繋がりやすい時間帯

平日11時〜17時
UQお客さまセンターが繋がりにくい時間帯

毎月月末を挟んだ5営業日、特に月末最終日の17時以降

月末は混み合うようですので、当月中に処理をしたい場合は余裕を持った日程で連絡するとスムーズに手続きができそうです。また、オプションの解約は「my UQ mobile」から手続きが可能です。

この記事は、2019年2月現在の情報をもとにしています。

速度とコスパで選ぶなら断然Broad Wimax!

Broad Wimax(ブロードワイマックス)
おすすめポイント
BloadWimaxは当サイトでも一番人気のインターネット回線です。WiMAX史上最速の下り最大1.2Gbps、月間データ量上限なし、月額2726円~、速度とコスパを考えれば一番人気も納得のサービスです。