ワイモバイル(YMOBILE)の解約方法|電話や日割り計算、違約金、タイミング等

ワイモバイル(YMOBILE)の解約方法、退会方法を徹底比較!さっそく解約の手順を確認していきましょう。

ワイモバイル(YMOBILE)の解約方法、退会方法

ワイモバイルの解約は、ワイモバイルショップへ来店することで手続きができます。

ワイモバイルショップの検索方法を下に解説していきます。

(1)ワイモバイルの公式のサイトにアクセスします。

ホームの画面上部のメニューバーの中から、「サポート」を選択します。

ワイモバイル(YMOBILE)「サポート」

(2)「サポート」画面が表示されます。

下へスクロールし、「料金確認・各種お手続き方法など」の項目の中から「MNP転出・解約」を選択します。

ワイモバイル(YMOBILE)「MNP転出・解約」

(3)「MNP転出・解約」の画面が表示されます。

「STEP1 MNP転出か解約かお選びください」という項目で「解約」を選択しましょう。

ワイモバイル(YMOBILE)「解約」

(4)STEP1を解約と選択すると、同じ画面のまま、画面下に解約についての情報が表示されます。

下へスクロールし、「解約を行う」という項目の「ワイモバイルショップを探す」を選択します。

ワイモバイル(YMOBILE)「解約を行う」

(5)「ショップ」画面が表示されます。

エリアから、現在地から、キーワードから等の方法で検索できます。

エリアから検索したいときは、自分の都道府県を選択しましょう。

ワイモバイル(YMOBILE)都道府県を選択
来店で解約する際の持ち物

来店で解約するときは、必要なものを持参しましょう。

個人契約の場合は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類・印鑑(シャチハタ以外)・利用中の機種とUsimカードです。

また家族の場合は、代理で手続きすることができます。

その場合は、委任状が必要になります。

郵送でのワイモバイル(YMOBILE)解約方法

近くにワイモバイルショップがないときは、ワイモバイルカスタマーセンターにて郵送での手続きになります。

カスタマーセンターは、通話料有料のオペレーター対応番号と、通話料無料の自動音声対応の番号があります。

解約の手続きも自動音声で対応可能です。

電話をかける際には、本人確認として契約している電話番号と暗証番号(4ケタ)などの個人情報が求められます。

事前に準備しておくとスムーズです。

■ワイモバイルカスタマーセンター総合窓口(通話料有料)

ワイモバイル携帯電話から:151

※「だれとでも定額」などの無料通話の対象になります。

他社の携帯電話、固定電話などから:0570−039−151

海外から:+81-44-382-0800

受付時間:9:00〜20:00(無休)(オペレーター対応)
■ワイモバイルカスタマーセンター各種お手続き(通話料負担なし)

ワイモバイル携帯電話から:116

他社の携帯電話、固定電話などから:0120-921-156

海外から:+81-44-382-0414(有料)

受付時間:24時間(無休)(自動音声対応)
自動音声案内時の解約に関する短縮番号は「22」です。

ワイモバイル(YMOBILE)解約にかかる料金はどのくらい?

解約する際に、いくら違約金がかかるのかというところは心配ですよね。

ワイモバイルのスマートフォンを解約すると、契約解除料が発生する場合があります。

年間契約の契約期間中、または契約更新月以外に手続きを行うと、9,500円の契約解除料が発生します。

月額割引の適用期間中に解約をした場合、解約日が属する月の前月を持って月額割引は終了します。

機種代金を分割払いで支払っている場合、残額の支払いが発生する場合があります。

詳しくは、My Y!mobileで確認できます。

利用料金の支払いが確認できない場合は、解約の手続きができません。

また、pocket wi-fi プラン2の契約解除料は、契約種別によって異なります。

契約が「さんねん」の場合の契約解除料は9,500円ですが、「バリューセット・バリューセットライト」の場合は契約経過期間に応じた契約解除料がかかります。

ワイモバイル(YMOBILE)解約月の料金は日割り計算される?

スマートフォン・タブレット・ケータイ(ガラケー)は、月途中の解約の場合、解約した月の基本料金は満額での請求となり、日割りでの計算はできません。

PHS・Pocket WiFiは、契約している料金プランによって、日割り計算か満額での請求かが変わってきます。

日割り計算は、解約日前日までの料金が請求されます。

下記は、満額請求と日割り請求となる料金プランの一例です。

公式のサイトから一覧が確認できますので、詳細はそちらをご確認ください。

■基本料金が満額請求となるプランの例

スマホ プランS/M/L

ケータイプラン・ケータイプランSS・データプランS/L

pocket WiFiプランS・pocket WiFiプラン+
■基本料金が日割り計算となる料金プランの例

新ウィルコム定額プランS・ウィルコムプランD

LTEプラン・データプラン・スーパーライトデータプラン

EMOBILE G4 データプラン・EMOBILE G4 スーパーライトデータプラン
解約後の請求金額は、my Y!mobile・自動音声応答サービス・ワイモバイルショップで確認できます。

ワイモバイル(YMOBILE)解約後の機種代金の支払い

解約時点で割賦残金(機種代金の分割の支払い)が残っている場合は、解約後も請求が続きます。

■割賦残金の確認方法

公式サイトでは、使っている製品ごとの割賦残金の確認方法が案内されています。

例えばpocket wifiを使っている方のスマートフォンからの確認方法は、my Y!mobileへログインし、ページ右上のメニューボタンから料金案内「割賦契約の確認」をクリックすると、割賦契約の内容と月額割引情報を照会できます。

■一括購入割引適用時の契約解除料

一括購入割引とは、機種を一括払いで買った方に、長期継続利用を条件として、携帯電話本体代金の割引特典をかけるものです。

したがって、機種購入から24ヶ月以内(2年の間)(請求月単位)に解約した場合、契約解除料がかかります。

契約解除料は、機種ごとに決められたパターンに応じて請求されます。

金額の詳細は、端末を購入したワイモバイル取扱店に確認しましょう。

ワイモバイル(YMOBILE)解約できたか確認する方法

手続きをしたけれど、本当にきちんと解約は完了している?と、手続きの完了を確認するまで安心できないこともありますよね。

そんな人のために、解約日を知りたいときの確認方法を紹介します。

郵送の場合は、解約申込書がワイモバイルに到着した時点で解約処理が行われます。

解約日は、自動音声応答サービスで確認できます。

短縮番号は「2」→「2」→「4」です。

旧イー・モバイルの製品を利用している方のみ、my Y!mobileにログインし確認ができます。

ワイモバイル(YMOBILE)から他社へ乗り換える〜MNP転出方法〜

電話番号を変えずに他の会社へ乗り換えたいときは、mnp転出の手続きがおすすめです。

解約とmnp転出の違いは、電話番号を引き継げることです。

mnp転出には、ワイモバイルカスタマーセンター(自動音声応答サービス)で取得できるmnp予約番号が必要です。

USIM単体契約の場合や、わからないことをオペレーターへ直接質問したい場合は、オペレーター対応のカスタマーセンターへ問い合わせましょう。

電話が繋がったら、短縮番号「#27」を入力してください。

お客さま情報の確認が行われる際に、契約時に決めた暗証番号(4ケタ)を入力する場合があります。

mnp転出手数料の金額は、新規契約月から6ヶ月以内は6,000円、7ヶ月目以降は3,000円です。

ワイモバイル解約の注意事項

ワイモバイルを解約する際の注意点を紹介します。

ポイントごとに確認していきましょう。

■利用料金について

解約は書類での手続きになるため、解約申請書がワイモバイルへ到着した日までの利用料金の請求があります。

解約書類を請求した時点では利用が続いている状態です。

解約になるタイミングを知っておきましょう。

解約した月の利用料金や契約解除料は、解約した翌月に従来と同じ方法で請求されます。

また、解約が完了した旨の通知は来ません。

解約日はMy Y!mobileの「請求情報照会」の最終課金日で確認できます。

My y!mobileは、解約後90日間は閲覧のみ可能になります。

プロバイダの解約は手続きが必要?

ワイモバイルの端末を解約しても、契約しているプロバイダーは自動的に解約とはなりません。

プロバイダーの解約をしたい場合は、契約者自身で解約の手続きが必要になります。

忘れがちですが重要な手続きなので、忘れないようにしましょう。

契約先のプロバイダーによって、解約に費用が発生する可能性があります。

合わせて確認しましょう。

MVNO契約の解約はどこでできる?

mvnoの契約については、契約先と契約内容によって解約方法が異なります。

以下の会社で契約した方は、ワイモバイルカスタマーセンターへ問い合わせましょう。

・株式会社ラネット BIC 4G LTE SERVICE

・株式会社ヤマダ電気 YAMADA Air Mobile powered by Y!mobile

・株式会社ノジマ nojima mobile YM
上記以外のmvnoで契約したお客さまは、契約元へ直接確認しましょう。

mvnoとは、自社で通信インフラを持たず、通信キャリア(ドコモ、au、SoftBank)の回線を利用してサービスを提供する通信事業者のことをさします。

ワイモバイルの格安simは「SIMカードのみ」で契約でき、格安スマホは「simカードとスマホをセット」で契約ができます。

ワイモバイルが他の格安simやmvnoと違う点は、ワイモバイル自社の回線を利用していることです。

ワイモバイル(YMOBILE)申し込みのキャンセルとは?

申し込みから一定期間内に契約を取り消したい場合は、解約ではなく申し込みのキャンセルが行えます。

自宅や通勤・通学等の電波状況が不十分な場合や、十分な説明がされていなかった場合、契約書面が交付されていない場合に、サービス提供開始日または契約書面受領日のいずれか遅い方から当該日を含む8日間、契約のキャンセルができます。

ただし、申告内容によってはキャンセルができない場合もあります。

■キャンセルができる契約内容

キャンセルの取り扱いができる契約内容は、ワイモバイルとの通信契約サービス・ワイモバイル販売店との商品売買契約(ワイモバイルとの通信契約サービスに付随して締結した端末等)・ワイモバイルとの個別信用購入あっせん契約と割賦購入契約です。

また、キャンセルまでの基本使用料や通話料・通信料などの実際に利用した料金は支払う必要があります。

携帯電話の破損や付属品がないなど、状態によっては8日間キャンセルができない場合があります。

ケータイ(PHS)は対象外です。

■キャンセルの条件

8日間キャンセルは、契約した店舗、またオンラインで購入した方はワイモバイルオンラインストア事務局へ申告をしましょう。

■8日間キャンセルでも料金は発生する?

月額定額料設定をしている料金(基本使用料・付加機能使用料・パケット定額料等)は、解除日の当日までの日割り分が請求されます。

従量料金(通話料・通信料・追加データ料金・コンテンツ料金・国際サービスご利用分等)については全額が請求されます。

■8日間キャンセルの注意事項

8日間キャンセルに当たって、注意したい事項があります。

8日間キャンセルをした場合は契約が解除されたことになりますので、契約前の状況への復帰(MNP転出元・変更前機種への復帰等)はできません。

その後に利用したい場合は新しく契約をし直す必要があり、電話番号は引き継げません。

(電話番号の変更が発生します。


ワイモバイル(YMOBILE)解約以外の方法も確認しよう

ワイモバイルを解約すると、デメリットもあります。

例えば、My Y!mobileメール(@yahoo.ne.jpのメールアドレス)や、「故障安心パックライト」などのオプションサービスが利用できなるなることです。

解約したい理由によっては、解約以外の方法で解決できるかもしれません。

簡単にまとめましたので、事例別に見ていきましょう。

■解約理由①月額料金が高い・利用する機会が減った

ワイモバイルでは、契約内容を変更することによっておトクに利用し続けられることがあります。

今のプランと比較して、よりお得なものがあれば解約せずに内容変更で解決する場合があります。

最新のキャンペーン情報は公式サイトでご確認ください。

また、ワイモバイルの他にも様々な月々の支払いがあり、煩雑になるという方は、「ワイモバイルまとめて支払い」がおすすめです。

スマホやパソコンなどで購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金を、月々のモバイルの料金とまとめて支払えるサービスで、キャリア決済とも言います。

■解約理由②通信速度が遅い・通信が不安定

ワイモバイルの最新のCに機種変更することで、通信速度や不安定さが改善されることがあります。

例えば、Pocket WiFi 601ZTでは、持ち歩きしやすいコンパクトなデザインに加え、4Gの場合の最大通信速度は[FDD-LTE]下り最大112.5Mbps / 上り最大37.5Mbpsとなります。

下取りプログラムというキャンペーンでは、機種変更をした方を対象にそれまで利用していた機種を下取りし、下取り対象機種に応じた金額が利用料金から割引されます。

最大で12,960円(540円×24ヶ月)(税込)の割引になるので、お得ですよね。

キャンペーンを使える方は、新規加入、MNP、機種変更、契約変更をした方です。

■解約理由③引越しをする、引越しをした

ワイモバイル Pocket WiFiを契約している場合は、引越し先でも解約することなくそのまま利用できます。

配線工事の必要もないという便利なメリットもあります。

一方で、固定回線(光ファイバーの場合)は、利用開始まで約2週間から1ヶ月程度かかることがあり、通常の場合、LANケーブル・モデム・ルーター等の設備や配線工事が必要です。

以上が、解約をしたい理由によっては他の方法で解決できるかもしれない事例と、解決方法の一例です。

この記事は、2019年3月現在の情報を元にしています。

実際に解約をされる際は、公式サイト等で最新の情報をご覧いただいた上で、お手続きされることをおすすめします。

速度とコスパで選ぶなら断然Broad Wimax!

Broad Wimax(ブロードワイマックス)
おすすめポイント
BloadWimaxは当サイトでも一番人気のインターネット回線です。WiMAX史上最速の下り最大1.2Gbps、月間データ量上限なし、月額2726円~、速度とコスパを考えれば一番人気も納得のサービスです。