ドコモ光(DOCOMO光)の解約方法|違約金や電話番号は?引越し時は?

ドコモ光(docomo光)の解約方法、退会手順を解説とその注意点を簡単にまとめました。さっそく解約方法を見ていきましょう。

ドコモ光の解約方法

(1)ドコモ光のサイトへアクセスします。トップページ左上の「商品・サービス」を選択します。

ドコモ光の解約は公式サイトから

(2)「商品・サービス」が表示されます。「ドコモ光」の項目の中から「お申し込み」を選択しましょう。

「ドコモ光」の項目の中から「お申し込み」を選択

(3)ドコモ光の申し込み画面に切り替わります。「▶︎その他お手続き」を選択します。

ドコモ光公式サイト「▶︎その他お手続き」を選択

(4)「その他のお手続き」の項目の中から「▶︎ドコモ光の解約」を選択します。

「その他のお手続き」の中から「▶︎ドコモ光の解約」を選択

(5)「ドコモ光の解約」の画面が表示されます。下へスクロールすると、「お手続き方法」が記載されています。ここで最新の情報を確認しましょう。

「ドコモ光の解約」の画面

ドコモ光の解約手段は2つ

ドコモ光は、電話か来店かで手続きを行う事ができます。事前に準備するものは、携帯電話契約内容確認のためのネットワーク暗証番号と本人の確認のための情報(口頭)です。

原則として、本人確認書類は不要です。ドコモの携帯電話の契約がない方や、ドコモ光のペア回線を設定していない方は、契約ID(お客さまID)等により本人確認されます。

■電話での手続き

ドコモ光の解約は、ドコモインフォメーションセンターへ電話する事で手続きが可能です。受付時間等の詳細と、自動音声ガイダンスのガイド番号、混雑時間帯は以下の通りです。

ドコモインフォメーションセンター

ドコモの携帯電話からの場合 ※一般電話からは利用できません。

電話番号:(局番なし)151(無料)

受付時間:午前9時〜午後8時(年中無休)
一般電話などからの場合(携帯電話・PHS OK)

電話番号:0120ー800ー000(通話料負担なし)

受付時間:午前9時〜午後8時(年中無休)

※一部のIP電話からは接続できない事があります。

電話をかけると自動音声ガイダンスが流れます。ドコモ光解約に関する手続き、問い合わせはスキップ番号【7】→【1】→【3】でオペレーターへ接続されます。

ドコモの携帯電話からかけた場合は、契約確認のため、4桁のネットワーク暗証番号を入力する事があります。

また、公式サイトではドコモインフォメーションセンターの混雑予想カレンダーが公開されています。土日や夕方以降は混雑が予想されますので、もし急ぐようであれば比較的繋がりやすい時間帯を狙う事をおすすめします。

■来店での手続き

ドコモ光の解約は、ドコモショップ窓口へ行って手続きが可能です。受付時間は各店舗の営業時間内となります。携帯ショップというと待ち時間が長いイメージですよね。

ドコモでは、各店舗の詳細ページでは、来店日時や相談内容をあらかじめ登録しておく事で、優先的に案内してもらえる「来店予約」が利用できます。スムーズに手続きをするため、ぜひ使うことをおすすめします。

電話での受付は手間がかからない点が、来店での受付はわからない事を何でもその場で教えてもらえる点がメリットですね。それぞれ比較して、ご自身の都合の良い方法で手続きをしてください。

ドコモ光解約の注意事項

ドコモ光の解約の注意事項は、簡単にまとめると5つあります。ひとつひとつ説明していきますので、安心して手続きできるように、解約を検討している方はぜひ参考にしてください。

ポイント① 同じIDは利用できなくなります。

ドコモ光を一度解約すると、再度契約をしても同一に契約IDは利用できなくなります。

ポイント② 回線の停止までに日数がかかります。

ドコモ光の解約手続きの後、インターネット回線の停止までに数日かかる場合があります。

ポイント③ 利用中の電話番号は廃止になる場合があります。

ntt東日本・ntt西日本のひかり電話を利用しているとき、利用中の電話番号が廃止になる場合があります。詳細はntt東西へお問い合わせください。

また、ntt東西の提供するドコモ光に関連するサービスも自動的に契約が解除となります。その他の事業者が提供するドコモ光に関連するサービスもまた、自動的に契約が解除となります。個別の問い合わせは提供元の会社にご確認ください。

ポイント④ 宅内機器の工事について連絡がきます。

固定の宅内機器などの取り外し撤去工事の調整にあたって、ドコモ光サービスセンターから連絡が来る場合があります。

ポイント⑤ レンタル機器はすみやかに返却しましょう。

ドコモより貸し出された機器の返却の依頼があったときは、必ずすみやかに返却しましょう。一定期間が経過した後、機器の返却がなかった時には、ntt東西より督促状が届いたり電話で連絡が来る場合があります。

それでも返却が確認できなかった場合は、機器相当金額の支払うことを求められる場合があります。

ドコモ光の解約料金は発生する?

ドコモ光の解約にともなって、違約金は発生するのでしょうか?また、ある場合はいくらになるのでしょうか?

手続き後に失敗した、と感じてトラブルにならないよう、また少しでもお得に解約したいという方は、ぜひ参考にしてください。解約かかる具体的な額を項目ごとに確認していきましょう。

<基本使用料が日割り計算されるケース・されないケース>

タイプA/タイプB/タイプC/単独プランで契約している場合は、基本使用料は日割り計算がされません。解約月のドコモ光基本使用料は、1ヶ月分の料金となります。

また、ドコモ光ミニで契約している場合は、解約日の前日までの日割り計算となります。解約手続きの後、回線を停止するまでに日数がかかる場合がありますが、その間に発生した通信料も請求の対象となります。

<定期契約プランを契約している場合>

定期契約のある料金プランは、2年の間、同一回線を継続して利用することが条件となっています。契約期間内に解約をする場合や、料金プランを変更する場合は、解約金を支払います。

解約金がかからないタイミングは、契約満了月の翌月(25ヶ月目)・翌々月(26ヶ月目)です。(2019年3月以降の手続きは、契約満了月の当月・翌月・翌々月となります。)定期契約のある料金プランは、契約満了月の翌月(25か月目)に自動的に契約更新されます。

住居タイプ/戸建て・ドコモ光ミニの解約金:13,000円(税抜)

住居タイプ/マンションの解約金:8,000円(税抜)

住居タイプ別の解約金は上記の通りです。

<定期契約なしの料金プランの場合>

定期契約なしの料金プランを契約している場合は、解約金はかかりません。

<ドコモ光の工事料を分割払いしている場合>

ドコモ光の工事料を分割で支払っている場合、またはntt東日本(ntt西日本)からの転用でフレッツ光の工事費の分割で払い、その残債がある場合は、契約解除の翌月に残債が一括請求されます。契約月にドコモ光の契約解除を行なった場合は、翌々月に残債が一括で請求されます。

<各種適用されている場合>

各種割引が適用されている場合、基本的には解約と同時に割引が終了します。例えば、ntt東日本の月額利用料金割引が適用されている場合、解約月で割引は終了します。

また、Xi/FOMAのパケットパックとドコモ光をセットで契約している状態(ドコモ光パック)が解消された場合、ドコモ光パック割引は廃止となります。

ただし、ドコモ光パックが継続された場合(シェアグループ内に携帯電話回線の1回線以上がドコモ光をセットで契約している場合)は、割引は継続されます。割引料は変更となる可能性があります。

<ドコモ光テレビオプションを契約している場合>

ドコモ光テレビオプションを契約している回線を解約した場合、ドコモ光テレビオプションの契約解除月の月額使用料については、日割り計算がされません。1ヶ月分の月額使用料が請求されます。

上記は解約にかかる違約金の一例です。上記以外に発生する料金については、公式サイトまたはドコモインフォメーションセンターへお問い合わせください。

ドコモ光を解約する際のプロバイダについて

ドコモ光を解約した場合、プロバイダも自動で解約になるのでしょうか?タイプごとに異なりますので、確認していきましょう。

<プロバイダがセットになったプランを契約している場合>

タイプA/タイプB/タイプCを契約している人は、こちらに当てはまります。プロバイダがセットになったプランを申し込んでいる場合は、ドコモ光を解約した場合でも、旧プロバイダは自動解約になるだけでなく、有料プランへ変更になる場合や無料プランへ変更になる場合など、様々です。

プロバイダによって契約の取り扱いが異なるので注意が必要です。詳細は、ドコモ光公式サイト内の「プロバイダご利用にあたっての注意事項」から確認ができます。

<単独プランを契約している場合>

単独プランを契約している場合。プロバイダの解約は、ユーザーから各プロバイダへ直接の申し出が必要です。ドコモ光の解約とは別に、手続きが必要になる場合もありますので、ご確認ください。

引っ越しする場合はドコモ光を解約しなくて大丈夫

引越しの際の手続き方法をご案内します。契約者の住所の変更は、ドコモインフォメーションセンターまたはドコモショップで可能です。

引っ越しをする時、つまりドコモ光の設置場所が変更する場合は、契約自体を一度解約する必要はありません。この場合は移転の手続きが必要です。

■移転の手続き方法

24時間webで申込みが可能です。web申込み限定で、移転事務手数料および移転工事料相当のdポイント(期間・用途指定)が還元されるキャンペーンもあります。

web申し込みの場合のみこのキャンペーンが使えるので、特別電話での手続きを希望しない方にはおすすめの方法です。

■移転の注意事項

移転には、注意事項があります。まず、引っ越し先のエリアや設備状況によっては、工事実施までに時間がかかったり、ドコモ光を開通できない場合があるということです。

引っ越し先の状況によっては、利用プラン・契約できる最大通信速度やプロバイダの変更が必要になる場合、各種オプションサービスが利用できないことがあります。

また、ドコモ光の工事を申し込む人が集中した時は、工事日が希望通りにならないことがあります。引っ越しが決まったら、早めに日程を押さえておくことをおすすめします。

■移転手続き前に確認しよう

移転手続き前の確認事項は3ステップで完了します。確認していきましょう。

ステップ① 引っ越し先の提供地域を確認しよう。

手続き前に、自分の引っ越し先(移転先)がntt東日本・ntt西日本どちらのサービス提供地域なのかを確認しましょう。

ステップ② 手続きにかかる費用を確認しよう。

移転には、移転事務手数料と移転工事料が必要です。原則として、工事完了日の翌月に利用料金を合わせて請求されます。移転事務手数料は、2,000円(税抜)です。工事料は、引っ越し先の工事内容によって異なります。

例:今現在、タイプA/タイプB/タイプC/単独タイプ/ドコモ光ミニを利用中で、引っ越し先がマンションタイプの場合の移転工事料は、7,500円(税抜)となります。(エリア内での引っ越しで派遣工事ありとした場合)また派遣工事がなしの場合、ありとした場合より安く設定されています。

※新規・転用の初期費用/工事料とは異なります。

ステップ③ 手続き方法を確認しよう。

上記でご案内した通り、24時間ネットでの手続きが可能です。また、店頭や電話での手続きもできます。

webフォームへの入力や手続きに必要な内容は、「契約者氏名・ペアとなる携帯電話の番号・契約ID・引っ越し先の住所・工事希望日」です。webフォームへ入力後の流れとしては、まず「ドコモ光 引越しweb手続きセンター」より電話で引越し先の住所や工事日の確認があり、この時点で申し込みの受付が完了となります。

その後、必要書類は送付され、工事日を迎えます。ルーターやパソコン・プロバイダの接続や設定は自分で行います。設定完了の後に利用が開始(開通)となり、引越し先に申込書の控えが送付されれば、全て完了です。

ドコモ光解約のギモンはここで解決!

ドコモ光解約に関する疑問点を簡単にまとめました。分からないことを少しでも解消し、安心して手続きを進められるよう、ぜひ参考にしてくだい。

■スマホのりかえサポートとは?

ドコモ光のスマホ乗り換えサポートとは、他の会社から乗り換える際に嬉しいサポートです。実施期間中にドコモ光の新規・転用の申込み、またはdカードGOLDの入会と一緒に、他社携帯電話の解約証明書を提出し、適用条件を満たすことで、解約金相当のdポイントを受け取れるサービスのことです。進呈されるdポイントには期間・用途に指定があります。

■ドコモ光を解約する場合、メールアドレスは変更となる?

契約するプロバイダによっては、メールのアドレスが変更となる場合があります。詳しくは、利用中のプロバイダに問い合わせください。

■毎月の請求内容や利用内訳を確認したい

ドコモ光の請求内容や利用内訳は、My docomoの「ご利用料金の確認」から確認できます。なお、ドコモ光と対となるドコモのケータイ回線(ペア回線)の設定有無により確認方法が異なります。

ペア回線を設定している場合は、パソコン・spモード・iモードから確認できます。利用時は、ペア回線でログインしてください。

ペア回線を設定していない場合(ドコモのケータイ回線を持っていない場合など)は、パソコンから確認できます。ドコモ光申込み時に発行されたdアカウントと、ドコモ光のdアカウント登録が必要になります。

dアカウント登録手順(パソコンから)

(1)My docomoにログインします。

(2)「契約内容・手続き」を選択します。

(3)「ドコモオンライン手続き」を選択します。

(4)その他「ドコモ光のdアカウント登録/削除」を選択します。

(5)必要事項をいれ、登録します。

■ドコモ光へ転用する場合のnttへの解約金について

ntt東日本・ntt西日本のフレッツ光の割引サービス(にねん割・光もっともっと割など)を契約していて、ドコモ光へ転用の申し込みをする場合は、利用期間に関わらずntt東日本・ntt西日本の解約金はかかりません。

※この記事は、2019年2月現在のデータをもとにしています。

速度とコスパで選ぶなら断然Broad Wimax!

Broad Wimax(ブロードワイマックス)
おすすめポイント
BloadWimaxは当サイトでも一番人気のインターネット回線です。WiMAX史上最速の下り最大1.2Gbps、月間データ量上限なし、月額2726円~、速度とコスパを考えれば一番人気も納得のサービスです。