ソフトバンク光(SOFTBANK光)の解約方法|電話番号、機器の返却、違約金や日割り計算等

ソフトバンク光(SoftBank 光)の解約方法を解説します。インターネット回線の解約では、気をつけなければならない事がたくさんあります。

違約金が発生しないか確認したり、撤去工事の立会いをしたり、ルーターなどの機器を自分で返送したりしなければなりません。こちらの記事では、解約の手順や注意事項を解説します。引っ越しをする時などにぜひ参考にしてください。

ソフトバンク光の解約手順は3ステップ

ソフトバンク光を利用するには、工事をし、BBユニットやWiFiルーターなどをレンタルしたはずです。解約の時はその逆で、撤去工事をしてもらい、レンタルした機器を返却する必要があります。

ネットや電話で手続きし完了とはいかないのです。それでは、ソフトバンク光の解約手順を公式サイトに習って3ステップご紹介します。

ソフトバンク光の解約は公式サイトにて

STEP 1 解約前の準備

ここで必須なのは、撤去工事のスケジュールを決める事です。候補日を3日用意しましょう。引っ越しシーズンには混み合う可能性があるので、早めに準備にとりかかるのがおすすめです。

もし、どうしてもスケジュールが合わない場合は、引っ越し後に工事を依頼することもできます。自分が所有している戸建てで撤去工事をする場合は、解約の電話をするときにその旨を伝えればOKです。マンションやアパートの場合は、管理会社の情報を伝えてください。

また、この時点で違約金の有無も確認しておきましょう。契約縛りの違約金だけではなく、分割にしていた工事費の残債がある可能性もあります。

解約に伴う支払いは、インターネットで確認できます。おすすめなのは、「My SoftBank」というソフトバンク公式のお客様専用ページです。ソフトバンク光の解約公式ページの下のボタンから飛ぶことができます。

ソフトバンク光の解約に伴う支払いを「My SoftBank」で確認

ソフトバンクの公式サイトのトップメニューにあるアイコンからもログインすることができます。

ソフトバンクの公式サイトからログイン

ソフトバンクのサービスが一覧で表示されるので、「SoftBank 光 / SoftBank Air」をクリックしてください。

ソフトバンクのサービス一覧画面

ログイン画面があらわれるので、そちらにS-IDとパスワードを入れてログインします。こちらで、現在契約しているサービスや料金形態、オプションについて確認できます。特別な縛りのあるキャンペーンで申し込みをしたのをすっかり忘れていて、請求書をみてびっくり…なんて事がないようにチェックしておきましょう。

解約手続きの準備としてやることは、手続きをスムーズに進めるためのスケジュールを組むことと、想定外の出費がおきないように違約金などを確認することの2つです。

STEP 2 解約の手続き

準備が完了したら、いよいよ手続きです。ソフトバンク光の解約手続きは、サポートセンターへの電話で行います。サポートセンターの情報は下記の通りです。

電話番号 186 – 0800 – 111 – 2009
受付時間 10時〜19時
年中無休、通話料無料

※情報は2019年2月時点のものです。実際におかけになる場合は公式サイトを合わせてご確認ください。

解約したい日の一週間ほど前には連絡するようにしましょう。この時に撤去工事のスケジュールを確定させます。
また、ソフトバンク光を他サービスと一緒に契約した場合は、こちらのサポートセンターに電話しても解約できません
。下記のサービスと契約した場合、そちらのサービスから解約手続きをしましょう。

  • スカパー
  • Netflix
  • ひかりTV
  • スマートレスキュー
  • がっちりパック
  • プレミアムTV

STEP 3 解約後の手続き

サポートセンターでの解約が済み、撤去工事も終わったら、最後に機器の返却を行います。こちらは、解約から14日以内に返却する必要があります。

返却の方法は、機器によって異なります。機器の種類は、SoftBank機器かNTT機器の2種類です。SoftBank機器には、ソフトバンクのロゴマークがプリントされています。

●SoftBank機器の返却方法

SoftBank機器であるBBユニットや、地デジチューナーを返送します。初めからついていたケーブルや電源アダプタも一緒に返します。契約によって異なりますが、開通前サービスでSoftBank AirやPocket Wi-Fiを借りていた方はそれも返送します。

これらの機器は、自分でまとめて梱包する必要があります。返送用のダンボールなどはありません。破損しないように緩衝材などを入れておきましょう。送料もこちら(送る側)が負担しなければなりません。返送先は以下の通りです。

〒277-0804
千葉県柏市新十余二3-1
GLP柏物流センター1階
SoftBank モデム係 宛

※情報は2019年2月時点のものです。実際に送るときは公式サイトを合わせてご確認ください。

●NTT機器の返却方法

NTT機器はSoftBank機器に比べて返却が簡単です。まず、撤去工事がある場合は工事の担当の方が機器を回収してくれます。

返送が必要な場合も、NTTから返送用のセットが送られてきます。そちらの封筒にレンタルしていた機器を入れて返送するだけです。

梱包の手間や送料の負担は面倒に感じるかもしれませんが、レンタルした機器が壊れていた場合、修理交換料金を請求される可能性があります。無理に詰め込んだり簡素な梱包にしたりせず、丁寧に包んで返送しましょう。

また、送り状のお客様控えはしっかり保管しておきましょう。なにかしらのトラブルがあった場合、あなたがきちんと期日通りに返却した証拠になります。ちなみに、タブレットはレンタルではないので返送不要です。

ソフトバンク光解約後、最後の請求はいつ?

サービスを解約したのにまだ月額が引かれてる?と不安になる事がありますよね。ソフトバンク光の場合、解約後いつまで請求が来るのでしょうか。

基本的には、契約を解除した月の翌月が最終支払いになります。ただし、支払い方法や利用した契約形態によって異なる場合があります。サポートセンターに電話する時に一緒に確認するのがオススメです。

ソフトバンク光の解約費用が高額になるのはこんな時!

契約解除するだけなのに、なぜか高額な請求がきてびっくりする人もいるかもしれません。これは、多くのインターネット回線業者が契約の自動更新と工事費の分割払いを導入している事が原因です。

●契約更新月以外に解約した場合

まずは、契約更新が理由で高額になるパターンについて解説します。ソフトバンク光では、2年ごとに自動で契約更新されるプランと、契約更新の縛りがないプランがあります。前者の方が割引されていて、月額が1,000円ほど安いです。年間で一万円以上お得になるので、契約自動更新プランの方が人気が高いです。

自動更新のプランだと、契約から2年間たった時に、1ヶ月の契約更新月(契約満了月)がきます。この月に解約すれば、解約金は無料です。しかし、その月以外に解約する場合は9,500円の解約金を支払う必要があります。

この契約更新月を気にせずに契約解除の手続きをしてしまうと、1万円近い支払いが発生してしまうのです。インターネットサービスを乗り換えるつもりの方は、この契約期間に気をつけましょう。他者のサービスに安く加入できそうだとしても、タイミングによっては解約料が高くつく可能性もあるのです。

●工事費の分割払いが終わってなかった場合

インターネット回線を契約すると、光回線の開通工事が必要な事があります。光ファイバーが導入されていない賃貸に住んでいる場合や、戸建て住宅に住んでいる場合などです。この時、工事費を負担しなければなりません。

ソフトバンク光の場合、光回線の工事費は基本的に24,000円です。(住宅やプランによって異なる場合もあります)工事費は分割可能で、24回、36回、48回、60回の4つから選べます。

契約解除する時に、この分割が残っていると、基本的に一括で支払わなければなりません。分割にすると、毎月の基本料金と一緒に支払う事になるので、工事費を分割払いしている事を忘れがちです。

解約後の支払いが高額すぎる!と感じた場合、もしかしたら支払額が下記のようになっているかもしれません。

最終月の利用料 + 契約更新月(契約満了月)を逃した場合の解約料 + 残りの工事費の一括支払い

このような事態にならないためにも、自分の契約プラン・キャンペーン、解約料が発生する条件、工事費の支払い状況などをしっかり確認しましょう。特に、お得なキャッシュバックや乗り換えキャンペーンで安い金額で契約した方は要注意です。

引っ越しが理由でソフトバンク光を解約するならキャンペーンを要チェック

ソフトバンク光を解約する時には、さまざまな理由があるでしょう。そのうちのひとつに引っ越しがあげられます。引っ越しの際に、ドコモ光など他社のサービスへの乗り換えを行う方も多いです。

しかし、手続きをする前に、ソフトバンク光を継続した場合のメリットもチェックしてみてください。例えば、引っ越し先での工事費が無料になるキャンペーンが行われています。通常は最大で24,000円かかるので、大変お得です。

また、期間限定で、ソフトバンク光を継続した方に10,000円のキャッシュバックが行われています。これらのサービスは時期によって内容が異なるので、公式ページで確認してください。

実際にお引っ越しをするときの申し込み方法は下記の3つです。

  • WebからS-IDかYahoo!JAPAN IDで申し込み
  • ソフトバンクショップかワイモバイルショップで申し込み
  • 電話でオペレーターを通して申し込み

Webから行うのが手軽ですが、引っ越しには色々な都合がありますから、柔軟に相談してもらいたい場合はショップか電話をおすすめします。

引っ越しをするとなると、さまざまな代理店や通信業者から営業がくることが予想されます。サービスを利用する側としても、良い機会なのでよりお得な業者に転用したいと考えるものです。

また、エリアによっては使えるサービスが今までと異なるかもしれません。

このようなときは、月額を比較したランキングなどだけで判断せず、継続した時の特別キャッシュバック等も調べてみてください。なお、引っ越しに関わるネット・テレビ回線の手続きには時間がかかることが多いです。転居してすぐに使えるよう、引っ越し先が決まった時点で早めに準備しておきましょう。

光コラボ内で乗り換えるときの注意点

ソフトバンク光から光コラボレーション内の他のサービス(So-net光、ドコモ光、OCN光など)に乗り換えたい場合、事業者を”転用”することはできません。

少し複雑なので、詳しく説明します。

そもそも光コラボレーションとは、インターネットの回線をNTT(フレッツ光)から直接もらうのではなく、間に事業者をはさむようにすることです。

その事業者こそ、今回解説しているソフトバンク光や、ドコモ光、OCN光などです。NTT(フレッツ光)との直接契約から光コラボレーションの事業者に乗り換える場合、”転用”という手続きになります。

転用にすると、フレッツ光の解約金が発生しない上、工事も必要ありません。さらには、フレッツ光で分割払いしている工事費がなくなる場合もあります。

「フレッツ光からソフトバンク光(光コラボ)に乗り換えた時お得だったから、ソフトバンク光(光コラボ)からドコモ光(光コラボ)に乗り換えてもお得なはず!」と思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

光コラボレーション内での乗り換えは、”転用”ではなく、”解約・新規契約”です。お得になるかどうかは新規契約先の事業者によりますが、転用をした時と同じようなサービスは期待しない方が良いでしょう。

速度とコスパで選ぶなら断然Broad Wimax!

Broad Wimax(ブロードワイマックス)
おすすめポイント
BloadWimaxは当サイトでも一番人気のインターネット回線です。WiMAX史上最速の下り最大1.2Gbps、月間データ量上限なし、月額2726円~、速度とコスパを考えれば一番人気も納得のサービスです。