with(ウィズ)の退会方法、解約手順

with(ウィズ)の解約・退会方法を紹介します。マッチングアプリとして有名なwithですが、解約や退会の手続きはスムーズに行えるのでしょうか。また、手続きの際に注意したいことなどはあるのでしょうか。細かい手順や料金のことも含めて丁寧に解説します。

[p_cta]

with(ウィズ)を辞めるにはどうしたら良い?

「with(ウィズ)の利用を辞めたい」と思ったら、やれることは3種類あります。解約・退会・休止の3つです。 同じに聞こえるかもしれませんが、with上では別の手続きになります。それぞれの違いについては後述します。まずは、withのヘルプ画面を開きます。chromeやsafariなどのブラウザを利用している場合は、画面一番下の「ヘルプ&お問い合わせ」からヘルプ画面に飛べます。

アプリの場合は、トップ画面にある「ヘルプ」をタップして下さい。ここからはパソコン画面で説明しますが、スマホのアプリから操作する場合も基本的に手順は同じです。 まずは、ヘルプのカテゴリ一覧の一番上にある「解約・退会について」をクリックします。

with(ウィズ)の「解約・退会について」をクリック

「解約・退会について」をクリックした先に、もう一度「解約・退会について」の項目が出てきます。こちらをクリックすると、「解約のお手続きについて」「退会のお手続きについて」「休憩モードについて」の3つの案内を見つけることができます。

with(ウィズ)の解約に関する3つの案内

ここからは、解約・退会・休憩それぞれの意味と手順について解説します。

[p_cta]

with(ウィズ)を解約する方法

with(ウィズ)を解約するということは、有料会員から無料会員になることを指します。無料会員になると、メッセージを送信したり、今までのやりとりを確認することができなくなります。

「退会と何が違うの?」と思われるかもしれませんが、退会との違いは、アカウントを保持できるかどうかです。解約状態だと、機能はかなり制限されますが、無料でアカウントを維持することができるのです。「今は使わないけど、そのうち利用再開するかもしれない」という方にオススメです。

withの解約方法は、VIP・有料プランの料金を支払う時の決済方法によって異なります。クレジットカード決済、Apple ID、GooglePlayの3つの方法ごとに説明します。

・クレジットカード決済の場合

まずは、パソコンやスマホのブラウザ(chromeやsafari)から解約する手順を紹介します。

withにログインしたら、上にある「マイページ」をクリックします。Android端末から操作している場合は、左上のメニューをクリックします。そうすると「有料会員」という項目が出てくるのでクリックし、その先の「有料会員の解約」の「こちら」をクリックします。そのまま、画面の指示にしたがって解約して下さい。

次に、iOS(iPhoneのアプリ)から解約する手順です。こちらは基本的にパソコンのブラウザ版と同じで、「マイページ」→「有料会員」→「有料会員の解約」と進んで解約します。

最後に、Androidのアプリから解約する方法です。画面左上のメニューアイコンをタップし、「マイプロフィール編集」をタップします。ここがブラウザやiOSと異なる点です。タップすると、「有料会員」が出てくるので、「有料会員の解約」の「こちら」から解約手続きを進めます。

・Apple ID決済の場合

Apple IDで月々の支払いをしている場合は、Apple側の処理で支払いを止めなければなりません。こちらを止めなければ、定期購読が自動更新されてしまうのです。

withのヘルプページで、「解約・退会について」→「解約・退会について」→「解約のお手続きについて」と進むと、【Apple ID決済】の項目が出てくるので、そこにある「[iOS]定期購読内容を表示、変更、または解約する 」をクリックして下さい。Apple社のページに飛びます。

Apple ID決済の場合のwith(ウィズ)解約方法

ここからは、Apple社のページにしたがって定期購読の解約をします。(withは書籍ではありませんが、Appleの仕様上「定期購読」のカテゴリに入ります。)iPhone、iPad、iPod touchからの解約方法を紹介します。

Appleの仕様上「定期購読」からwith(ウィズ)を解約

まずはホーム画面から設定を開き、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。飛んだ先の一番上にApple IDが表示されるのでそちらをタップし、「Apple IDを表示」をさらにタップします。

Apple IDを表示をタップ

そうすると、定期購読しているサービス一覧が出てくるので、withを選択し、「登録をキャンセルする」をタップします。こちらで、「定期購読の停止」が完了します。正式な解約は、次回の支払日が過ぎてもApple IDからの支払いがなかったとwith側で判断したあとです。

・GooglePlay決済の場合

GooglePlayで決済をしている方は、ヘルプページの【GooglePlay決済】にある「Google Play での定期購入」をクリックして下さい。

GooglePlay決済の場合のwith(ウィズ)解約方法

Google Play ヘルプの「Google Playでの定期購入」ページに飛ぶので、そこからさらに「定期購入を解約」のリンクをクリックします。

Google Playでの定期購入を解約または変更する

「Google Playでの定期購入を解約または変更する」というページが開かれたら、そのページの指示にしたがって解約します。 基本の指示は、Google Playのトップページに入り、左側のメニューから「定期購入」を選択し、解約したい定期購入(今回の場合はwith)の管理から解約するという手順です。

こちらもApple IDと同じで、定期購入を停止した瞬間に解約となるわけではありません。次回の支払日を過ぎてから、支払停止がされていると確認され、with側のステータスが変更になります。

[p_cta]

with(ウィズ)を退会する方法

with(ウィズ)を退会すると、プロフィールが削除され、検索されても表示されず、今までマッチングした相手のトーク画面から自分とのトーク履歴が消えます。

退会の手続きも、withのヘルプページから行うことができます。「解約・退会について」→「解約・退会について」→「退会のお手続き方法について」と進みます。無料会員の場合は、「退会手続きへ(要ログイン)」をクリックし、ログインしたのちに退会手続きを進めます。

with(ウィズ)の「退会手続きへ(要ログイン)」をクリック

無料会員でない場合は、有料サービスの解約から進める必要があります。解約の方法は、本記事の「with(ウィズ)を解約する方法」を参考に進めて下さい。

withを退会すると、一定期間は再登録ができないことになっています。現在その期間の長さは1ヶ月です。婚活や恋活をしている方にとっては短くない期間と言えるでしょう。退会をせずに解約をするだけでも月々の支払いは無料にしたままアカウントを維持できます。退会は慎重に決めましょう。

[p_cta]

with(ウィズ)の「休憩モード」とは?

withには休憩モードが用意されています。休憩モードとは、簡単にいうと「非表示」のことです。あなたのプロフィールが、超性格分析マッチング、イベント、好みカード、さがすタブに表示されなくなります。

ただし、いいねの履歴やトークの履歴は残されます。 休憩モードに入っていたとしても、特定の条件のもとでプロフィールが表示されることがあります。特定の条件とは、すでに異性とマッチングしている場合、異性といいね!を送受信している場合、異性からお気に入りに登録されている場合です。

相手のトークタブやいいねタブ、お気に入りに表示されます。 つまり、すでに関係性を持った異性からは見ることができるけれど、マッチングしていない異性に対しては非表示になるということです。アカウントの実績はキープしつつ、余計な通知や新しいやりとりは一旦休みたい方向けの昨日です。

休憩モードに設定したいときは、マイページの各種設定から行います。休憩モードの設定でONにチェックを入れ、「更新する」ボタンを押せば完了です。休憩モード中も、有料プランの課金は発生するので注意しましょう。

[p_cta]

with(ウィズ)退会前にチェックしたい事

withは、解約してもすぐにアカウントの利用を再開できます。しかし、退会してしまうとそれまでのアカウントのデータが削除され、再開するには新アカウントを作らなければなりません。そこで、退会した後に後悔しないよう、退会前に知っておきたい事を紹介します。

・有料サービスを解約しておく

withは退会前に有料サービスを解約する必要があります。支払い方法によっては、退会手続きだけでは引き落としが止まらないものもあります。退会した後からだと手続きが面倒になることもあるので注意しましょう。

withを退会すると、今withを使ってやりとりしていた人とは連絡が取れなくなってしまう仕組みになっています。トークの履歴も消えますし、メッセージの送受信もできません。退会後も繋がっておきたい方とは、lineなどの連絡先を交換しておくと良いでしょう。

・ポイントを使い切っておく

課金して得たポイントが残っている場合は、退会前に使い切っておくのがおすすめです。マッチすることそのものに興味がなくなってしまったのならポイントが残っていても問題ありません。

しかし、「もっと女性と出会えると思っていたのに期待以下だった」という理由で退会する方は、最後のポイントを有効活用しておきましょう。

退会の前のポイントの使い切りは、男女ともにチェックしておきたい項目です。有料サービスに課金するのは男性だけですが、ポイントの購入は女性も行うからです。ちなみに、ポイントも有料サービスも、使用しなかった分を返金してもらうことはできません。

・他サービスとの比較は退会の前に行うのがおすすめ

もし、withでなかなか出会えないから他のマッチングアプリで相手を探したいと思っているとしたら、いったん退会せずに比較するのがおすすめです。マッチングアプリの人気はどんどん高まっており、今ではpairs(ペアーズ)、omiai、タップル、ゼクシィ恋結びなど、さまざまな種類があります。

それぞれ特徴や仕組みが違いますし、ネットで調べれば体験談や口コミがたくさん出てきます。他のサービスに乗り換えた方が出会えるのではないかと考えることもあるでしょう。

サービスを比較したい場合は、退会ではなく解約状態にしてから他サービスに登録してみてください。他サイトの方が出会えるのあれば、そのままwithを退会してしまえばokです。しかし、「色々見てみて、やっぱりwithが良い」となった時、退会後ではせっかく育てたアカウントに戻れなくなってしまいます。

・SNSの退会を進めている方は、facebook退会の順番に注意

withのアカウントは、facebookアカウントを使って作ります。そのため、facebookを退会してしまうとwithにログインできなくなってしまいます。SNS断ちなどでさまざまなサービスをまとめて退会したいと考えている方は、必ずwithを退会してからfacebookを退会するようにしましょう。

(2018年の8月から、facebookアカウントがなくても作れるようになりました。)

[p_cta]

with(ウィズ)を解約・退会する理由とその攻略法

withを退会するか継続するか迷っている方のために、退会にありがちな理由とその攻略法を紹介します。

・恋人ができた

withですでにマッチングし、恋人ができたので退会するという理由です。withでは毎日たくさんのカップルが誕生するので、この退会理由も多いでしょう。

withのようなマッチングアプリで恋人・結婚相手と出会った場合、「まだアプリを続けているのではないか?」という疑いを抱きがちです。実際の利用者の口コミを見ていると、「一緒に退会しました」という声もありました。

別れた時のためにアカウントを残しておくのももちろんアリですが、withを使って出会った相手であれば、アカウントを残している事がバレる可能性も高いです。

・出会いの数が少なかった

婚活・恋活に役立てようとしたけれど、なかなか出会えなかったという理由です。出会いの数が少ないと言っても、プロフィールへのアクセス(足あと)が少ない、いいね(マッチング)が少ないなどさまざまな要因があります。

出会えないから辞めようと思っている方は、何が少なくて出会えないのかを明らかにして、改善してみるのも良いでしょう。

例えば足あとが少ないのなら、使っているプロフィール写真を変更してみましょう。必ずしもイケメンじゃないといけないというわけではありません。画質が悪かったり集合写真で誰だかわからなかったりするものは避けましょう。

人気を得るためには、まず初めて見る人から興味を寄せてもらう必要があります。マッチングアプリ上では、一人一人のプロフィールをじっくり厳選するというより、最初は自分に合いそうな人をサクサク選んでいく傾向があります。

この段階で選ばれるためには、自信がなさそうでわかりにくい写真は不向きです。

足あとが多いのにいいねが少ない(マッチングが少ない)場合は、プロフィール情報を充実させ、文を工夫してみましょう。プロフィールを充実させることで、付き合った時にどのような彼氏・彼女になるのか相手が想像しやすくなります。

よく行く場所や休日の過ごし方を書けば、「私と付き合ったらこんなデートができます」というメッセージになります。婚活目的の方は、実際の結婚後の生活が想像できるような書き方をすると良いでしょう。
・課金の更新日になった

男性会員の場合、課金をして有料会員にならなければ十分に機能を使用することができません。課金は、更新日になると自動的に延長されます。更新日が近づくタイミングで今月の請求のことを考え、「また〇〇円支払ってwithを続けるのか?」と解約・退会をする方もいるようです。

このような場合は、退会ではなく解約の手続きをすることをおすすめします。解約すれば月々の支払いはかかりません。 退会してしまうと、そのアカウントは復活できなくなってしまいます。1ヶ月たてば再登録が可能ですが、プロフィールなどはイチから登録しなければなりません。

もう二度とwithを使わないと決めた方なら退会でも問題ありませんが、「お金がかかるし辞めようかな」という気持ちであれば、退会でなく解約がおすすめです。

・サクラや業者とやりとりしているのではないかと心配

マッチングアプリでよくある心配事のひとつに、「結婚や真剣な恋愛を求めているけれど、サクラや業者が多くてちゃんとした相手が見つからない」というものがあります。

withの場合は、24時間の監視サポートがあり、アカウントもfacebookと連動しているため、サクラや業者が入りにくいサイトとなっています。誰でも簡単にアカウントが作れるサイトより、信頼度は高いと言えるでしょう。

しかし、withは男女ともに人気のあるサービスですから、中には悪質なアカウントが紛れ込んでいる可能性もゼロではありません。

その場合は、プロフィールなどで儲け話を強調しているアカウントや、すぐにlineにやりとりを移行したがるアカウントに注意しましょう。他のサービスに誘導される可能性があります。

サクラや業者が気になる場合、まずはwithが比較的信頼度の高いサービスである事を知っておきましょう。実際に怪しいアカウントに遭遇しやすいと感じる場合は、そういったアカウントをブロックしていきましょう。もしも悪質であれば、運営に違反報告することもできます。

[p]